●Soul Up Circus/HaTeNa?
●心のGAINをUPする!
ブッ飛びファズ「Oldman」…ソリッドの楽器をそのままボディがセミアコ・フルアコになったような音にする「VaritoneBooster」 などユニークなアイデア満載の作品で知られる、えふぇくたぁ工房から新作の噂が…その新作『Soul Up Circus』のサウンドとオリジナルブランドHaTeNa?の秘密に迫ります!!
HaTeNa?は、いわゆる(音を変える)エフェクターよりも「気のキィた系」のものが多いようだけど?
そう。痒いトコに手が届くものを、とでも言いましょうか。
具体的にはどんなモノ?
オーダー製作だったら、スイッチング系統の相談が多いかな。例えば気の利いたABボックスとか、都合のいいループセレクターとかね。
気の利いたって?都合のいいってなに??
動作的には同じでも、電気回路的に楽器やアンプやつなぐエフェクターたちにやさしい設計を心がけてる。都合のいい、というのはオーダーメイド・カスタムならではの利点で、プレイヤーごとの環境やセッティング、エフェクトボードの中に入れる機器の配置などを計算しながら、スイッチボックスのケースの選定から各ジャック配置などを、その人だけの都合に合わせて製作するからね。音作りの相談も含めて。
なるほど。でもABボックスなんて普通に売ってるヤツじゃダメなの?
単純なループとして使うんじゃなくて、例えば「1本のギターやベースで2台のアンプをABボックスで切り替えて使い分ける」なんて場合、考えなければならないのは「使われてないほうのアンプ」ね。この時単純に片方の回路を切るだけだと、切れているほうのアンプには「先に何も繋がっていないケーブル」がプラグinされているのと同じ状態になってしまって、音が出て無いだけでアンプ回路には大変な負担がかかってしまう場合があるんですよ。
あ〜なるほど!
だから僕の製作するスイッチ系は、OFFになる方の回路には、擬似的に「Vo.が0になったギターが繋がっている状態」をスイッチ内部でつくりだして、アンプの方に負担がかからないようにしてあったりします。他にもいろいろやってます。でもこういう細かなケアをすることって大事だと思うんですよ。ちょっとしたことなんですけどね。人付き合いと一緒ですね。
他には?珍しいやつとかない?
おすすめは「キャスリングスイッチ」というラインチェンジャー。これは僕が命名したんですけどね、直列に繋がった2つのループの並び順をスイッチ1発で入れ替えられるというもの。
具体的にはどう使うの?
ワウペダルを使う場合、歪みエフェクターの前か後で悩まない?「クォ〜」って言わしたい時もあれば「ギュワ〜」って言わしたい時もあるでしょ?人によってはワウを2つ用意して歪みの前後にセットしてる人もいるしね。これを使えばワウと歪みの順番をスイッチ一つで切り替えられるってわけ。便利でしょ。「ギター→ワウ→歪み→アンプ」というのがスイッチすると「ギター→歪み→ワウ→アンプ」になってくれる。歪みとブースターの関係もそうだよね。どっちが先かで悩む。だからスイッチで入れ替える。「そんなんできんのっ!?」ってよく言われます。できます!
ふと見回すと、、あれっ?これなに?「Soul Up Circus」…って、もしかして新作?
あぁーっ、それは、だめ!みないで!それは開発したばかりでプロトタイプの…!
inとoutとマスターコントロールだけでON・OFFスイッチもないし‥繋ぎっぱなしで使えってこと?
………うん(観念)。
ブースターかバッファアンプってことかな?
ずっと以前からね、考えていたことがあって。エフェクターの歴史の初期、60年代後半。その頃って「エフェクター」って 言葉もまだなくて、「アタッチメント」って呼ばれてたのね。切り替えスイッチもなくて、つなぐだけ、というのも多かった。スイッチだけってことは、かけっぱなしで使え、ってことでしょ。なんでかな〜?ってずっと思ってた。
それで?
でね、当時を振り返ると、PA技術もそれほど発達してなくてとにかくでかいパワーがなかなか出せなかったのよ。それでも屋外とか、いまよりうんと広いところで、いまよりうんと小さいパワーでなんとかしようとしていたの。当時のミュージシャンはとにかくでかい音を求めたんだと思うのよ。
あー、わかるわかる。
じゃあ、いまはどう?簡単に大きなパワーが出せるくせに、こんどはそのパワーを発揮できる環境がない。だけど、みんなして、当時の「良き時代の音」ばっかり追い求めるでしょ。
そうだね、結局みんなその音を目指して、四苦八苦してる。
うん。だからHaTeNa?エフェクターでは、それを少しでも解消できるようなツールとしてのアタッチメントを作りたいのよね。
なるほどね。で、今回のこの「Soul Up Circus」というのは?
つないでおくだけであんな音がする、こんな音がする、みたいなシリーズをやりたくて。『フレーバー・ユニット』って名付けたんだけど、こいつはその第一弾で、基本はアンプの上に乗っけて使うの。つないでおくだけで、全てがイイ感じになる。エフェクトのかかりもよくなるし、アンプのセッティング感度も向上する。
よく言う「音のハリとかツヤ」ってやつですか?
ま〜‥そういうことなんだけど…正確に表現するなら「スッキリさせて音の全体的なバランスを整える」バランサーって言う表現がイイかも。
何だか余計にわかわなくなってきた…
でしょ。だから「つなぐだけで全てがイイ感じになる」って。つまり…楽器の音って、その楽器本体とアンプ、スピーカーなど様々なファクターが関わって音として完成する。その時、楽器本体の音、アンプのセットアップは完璧でもキャビネットやスピーカーの特性で低音が出過ぎてて音はヌケけないわ、いまいちコシはないわ、そのくせローは回るもんだから低音に迫力はないわ、ってなるでしょ?で…その場合、それを補正しようとしてアンプのEQを調整したって堂々巡りでなんの解決にもならない。根本的に違うんだから。
あ〜それ経験ある。で、EQいじっているウチに段々どうしようも無くなってくる…
そうそう、それは「よくあること」なのよ。だからもっと演奏しやすい環境にするアタッチメントなのよね、これは。例えば、もっと高音をきらびやかにしたい場合、トレブルをあげたら当たり前だけど「ハイ上がり」になるでしょ。そうじゃなくて、中低域成分をスッキリさせてやると、勝手に倍音成分が奇麗に耳に届くようになる。ほんとはそれで解決するはずなんだけど、いざEQでローをしぼったら、スカスカになるだけで解決しない。だからミドルアップ用にブースターやらオーバードライブに頼るわけなんだけどほんまにカッチョエエ音を出すんだったら、下地から変える必要があるんだわ。それで開発したのがこれ、つなぐだけで全てがイイ感じになるヤツ。
なるほど、、評判の方はどう?
まだプロト段階だけどね、使ってくれたテストプレイヤーさん達にはとっても喜んでいただいてます。むしろ本人よりもバンドメンバーから「演奏しやすくなった」「聴きやすくなった」と言われるそうです。
商品としてレギュラー化するの?
今はまだ特注製作で作っている段階でハッキリとしたことは言えないんだけど…今回はずっとあたためてきた秘蔵の自信作なんで、ぜひともレギュラー化させたいですね!すでに何人かから製作依頼いただいてますし、ご興味ある方はお問い合わせください。
しかし、何でまたこういった方向に進んで来たの?
やっぱり自分もミュージシャンだからだと思います。…現場からの要望。こんなことできないの?あんなものないの?っていう演奏者の不安や不満って、プロもアマチュアも関係なく出るものだと思うのね。例えばメーカーとエンドース契約できてるプロミュージシャンなら、そのメーカーに相談してカスムメイドを頼めるけど、アマチュアのほうがむしろ音作りに悩むんじゃないかな、って思うんです。少しでもそういったプレイヤーたちの力になれたらなって。
インタヴュー:2007年9月25日(火)
photograph
「Master」を上げて行くと、アンプ側の各EQの効き具合もアップ。入力・出力端子の他はDCin端子(9V.仕様)のみ。もうカケッぱなしで使ってください!
HaTeNa?その他の製品
●特注スイッチあれこれ
今までにオーダーを受けて制作した特注スイッチたちです。同じような製作内容でも、ひとりひとりに合わせて作ってくれる。カスタムカラー(代金別途)で、好きなカラーに塗装もしてくれるぞ。カスタムカラーはレギュラ−のHaTeNa?エフェクターでも頼めばやってくれるとのこと。とにかく相談してみよう!
●D-Line(特注製作品)
9V.電池2個仕様のオールドエフェクターの愛用者に朗報!右側のDCin端子に通常の9V.ACアダプター又はパワーサプライからの出力を繋げば、左側の出力端子からは9V.と18V.の電源を供給することができます!
●ツイストレモロ(カスタム)
市販のトレモロのスピードを演奏中に変えたい、との相談を受けて製作したもの。右のダイヤルのようなコントローラー…これに足を乗せて、右へ左へと回せば、演奏しながらリアルタイムでトレモロの効き具合を変化させることができます。
Voice of Maker
プレイヤーと楽器職人は、常に対等で、同じ目線でつながる必要があるといつも思っています。僕たち職人はプレイヤーの実力を思う存分発揮できるような楽器を作り続けようと日々努力しています。プレイヤーの皆さんも、それに負けないようなカッチョイイ演奏をしてオーディエンスをシビレさせてください。音色よりもまず腕を磨け!音色は僕たち職人に任せろ!何も心配するな!
えふぇくたぁ工房は、悩み多きプレイヤーのための“駆け込み寺”です。どんな音作りの相談にも乗りますので、楽器を持って遊びに来てね。
●お問い合わせ
えふぇくたぁ工房
〒542-0081
大阪市中央区南船場1丁目6-16-101
TEL.06-6271-1558
上にご紹介したものは、全て過去に製作した特注品ばかりなので、パーツなどの関係上、同じものをリクエストされてもご期待に添えない場合がありますことをご了承ください。また、これらはすべて既にオーダーされたお客様の手に渡っておりますので、残念ながら工房では現物を見たり試奏することはできません。あしからず。