●BACA-BACCA

左から新井武士(B/Vo)、内海利勝(G/Vo)寺本PINSTONE修(Dr)[敬称略]
70年代に社会現象とまでなった伝説のバンド、キャロルのギタリスト内海利勝、ダウンタウンブギウギバンドの新井武士、キングトーンズの寺本修によるドリームセッションバンドBACA-BACCA。堺にオープンしたライブハウスUNICORNの柿落としにやってまいりました!普段は長洲辰三を加えた4人組ですが今回は3人でのステージです。
BACA-BACCAというバンド名は…やっぱり「バカばっかり」ってことですか?
●内海
その通り!もう飲んだ勢いでつけちゃいました!
●新井
ある、ライブの日にね…その日はリハーサル前から飲んでて、終ってからまた飲んでヘベレケの状態でね、もうちょっとしたことでゲラゲラ笑いっぱなしで、「もうバカばっかだな〜」なんて言ってたら、バンドの名前決めてなかったしそれで行こうってことになっちゃった。
現在ROCKはファンの年齢層も幅広くなり、すっかりポピュラーな音楽となりましたが、皆さんがデヴューした頃、ROCKは反体制の象徴のような存在でしたね。
●内海
エレキ持ってるヤツって、大体音楽とは縁遠いヤツだったよネ(笑)
●新井
確かに!学校の音楽の授業なんて全然無視してるような連中の方が意外と深く入りこんでたりネ。
●寺本
ボクも音楽の成績が一番悪かったもん(笑)!授業でクラシックの曲、色々聴かされたけど、全然興味持てなくて。ボクの思ってるロックンロールは、もう!「酒飲んで、アッバレまくって!後はスイマセン」みたいな感じ!(笑)
●内海
オレもそう!今だにそうだもん。
そう言った「時代の変化」について今、どのような事をお感じでしょうか?
●新井
どの時代でも、若い世代にはそれぞれに主張はあると思うし、今の子たちも歌詞の中で「ボクらがやってきたことと同じようなこと」をやろうとしているんだろうな?とは感じるけどネ。 時代が変っちゃったといえばそうなのかもしれないけど…今の若い子たちの音楽を聴くと、みんな“おりこうサン”になっちゃって、「若気のいたり」みたいなのが何処にも見えない。ボクらは「若気のいたり」だけでやって来たみたいな所があって、こういうジィさんたちの方が…歌詞や演ってることは柔らかくなったかもしれないけど、根っこの中にシツコくハングリーな気持ち、ロック魂みたいなものが強く残っているように思うネ。
とてもリラックスして音楽を楽しんでおられる事がとても良く伝わってくるのですが、しかし輝かしいキャリアが逆に重くのしかかって、ツライ時期もあったのではないでしょうか?
●内海
キャロル辞めてからだね…元ナントカというイメージがあって…そこから本来の自分に戻るのにオレは時間がかかったネ。そこから逃げてたのかもしれないネ。自分に都合のイイ言い訳をつけてネ。
新井さんは10年程、活動を休止されていた時期がありましたね。
●新井
辞めてたわけではないんだけど、“業界”ってのがイヤになっちゃて「ちょっとこの世界から離れていよう」と思ってね…アマチュアバンドでもイイから自分が演ってて楽しいと思えるバンドを演っていた方が楽しいなと…ボクも同じように何かを言い訳にして、逃げていたと思うネ。
そうした時期を乗り越え、テレビなどに出演されてた頃と比べて、「今」はどうでしょう?
●内海
充実してるかもしんないネ!今は本当に好きなことができてるし。
●新井
こういう仕事に関わって今の自分があるワケだし、この先、どうなるかは判らないけど、逃げないでやんないと死ぬときジタバタするな…と思って、今は自分のために演っている。
それでは、使用楽器について教えてください。
●新井
ボクはもうプレベしか使えないから。普段は借りモンの60年代製のモンなんだけど、今日はもらいモンの78年製。
●内海
借りモンにもらいモンかヨ!
●新井
ブリッジの所に挟んであるのはミュートです。裏のコンツァーを深く削る改造をしてあります。コレでだいぶ軽くなりました。
●寺本
ドラムはDWの特注品で、10・12・14・16の2タム2フロアに22のバスドラです。場合によって色々組み換えて使います。
●内海
ギターは大体、レスポールが多いですネ。今日のはレスポールJr.。あのブルーはカスタムカラーかもしれないけど…もらいモンなんで細かい事わかんないですヨ(笑) エフェクターはダンエレクトロのオーヴァードライブとコーラス。このシリーズは、値段も安いし、音がケッコー過激なんで気に入ってます。
あのシリーズ、スイッチ小さいですが踏み外しませんか?
●内海
踏み外す!ココってとこでカッコつけて踏んで、弾いたら「アレっ?」てことがよくある!
楽器屋さんとの関わりの中で何か想い出はありますか?
●新井
ボクらの頃はサ、アマチュアにフェンダーなんてとても買えなかったから、楽器屋さんの前を通って、ウィンドウの中のフェンダーを見てヨダレ垂らしてたね〜。それで、やっと手にした時は、そりゃ〜もう大切にしたヨ。想い出と言えば…ダウンタウンがまだ全然売れていない時に、京都の楽器屋さんの方には、何から何まで本当にお世話になったネ。メンバー全員分のストラップ作ってきてくれたり、変った楽器を探してきてくれたりネ。
●内海
楽器屋さんとミュージシャンって持ちつ持たれつじゃない?レコード屋さんもそうだったけど、お店に必ず、オタクみたいな人がいてね色々教えてもらった。置いてる楽器よりも“そこのオヤジ”が好きで行ってるような所があったよネ。
●新井
ミュージシャンもまだこんな「濃い〜の」がいるんで、楽器屋さんもライブハウスも「濃い〜お店」に頑張ってもらいたいネ!
大人のROCKは決してオトナしくない!
夜9時を少しまわった頃、待望のBACA-BACCAは登場。クリアーでズ太い!内海氏のトーンがズン!と突き刺さります。そしてそのプレイは実に堅実。新井氏・寺本氏によるリズムセクションは実に軽やかなビートで観客を引き込みます!若々しい…というより“あの頃”より若いんじゃないかとさえ思えます。新曲に交えて往年の名曲もバシバシ!全体的に大人の雰囲気でリラックスムードに包まれながらのステージではありましたが、決してオトナシくはない!最高のR&Rショウでした!
インタヴュー:2008年2月18日(日)
photograph
Gibson レスポール Jr.(左)と78年製のFender プレジションベース(右)。ブリッジ近辺にウレタン製のミュート素材が挟まれ、パーカッシッブなサウンドをクリエイトしています。
2度目のアンコールでは、あの“名曲”が炸裂!ライブハウス UNICORNはたちまちダンスフロアに!
schedule
●BACA-BACCA
3月28日(金)
学芸大学 "メイプルハウス" [東京]
4月29日(祝)
学芸大学 "メイプルハウス" [東京]
●Blues Boys 109(新井武士)
3月14日(金)
HOWLIN’BAR[大阪]
新井武士と元もんた&ブラザーズの高橋誠とのアコースティックデュオ。
↓click!!
関連リンク
取材協力
カルロスギター
●ライブハウスUNICORN
 〒590-0061
 堺市堺区翁橋1-10-17天馬ビル2F  TEL.072-225-5515
Now on SALE!
Stamp of Dreams/内海 利勝
内海利勝3年ぶりのアルバム。セルフカヴァーを含 む初のベストアルバム的な内容でキャロルからのナンバーも収録。
AP1032 ¥2,625(税込)
LOUSY WHY/LOUSY
宇崎竜童、原田芳雄等との活動で知られる、ギタリスト・ヴォーカリスト長洲辰三が率いるLOUSY(ラウジィ)の1st.アルバム。寺本修がDrで参加。ブルースのエッセンスを上手く使いながら、渋い大人のロックの雰囲気を演出している。
AP1033 ¥2,625